福岡のピラティス&ヨガスタジオ【リアン株式会社】

電話番号
  • 体験申込
  • 体験申込
  • 友だち追加
  • リアンスタジオFBページヘ
  • 総合受付電話
リアンスタジオの最新情報

東洋美人コラムvol.6「血」をスムーズに全身巡らせる対処法

東洋美人コラム第6弾。

前回の記事でチェックした「血虚タイプ」「瘀血タイプ」いかがでしでしたでしょうか?

「血虚」は栄養不足や貧血の状態。血が少ないために、声にも力が出ずに優しい口調になり、仕草もゆっくりにならざるを得ない。そんな状態です。

「血瘀」は血が古い、または巡りが悪い状態です。原因は、現代の生活習慣の歪みと考えられもします。その他、気温、湿度、ストレス、運動不足、睡眠不足、食生活、打撲、あるいは手術なども原因となり得ます。

食事や日常生活習慣を工夫することで、血の状態も整えやすくなります。

では、実際にそれぞれのタイプでどのような工夫をすれば良いかを見ていきます。参考にできるものから取り入れていきましょう。

①:血虚タイプ=血液を補う黒色や赤色の食材を中心に

血を作る鉄分やレバーは積極的に摂りましょう。また、血虚では、皮膚や粘膜などの乾燥症状を始め、集中力の低下などもみられます。このため、黒ゴマや黒キクラゲなどの潤いを与える食材を取ることがおすすめです。
その他、黒豆、ひじき、レーズン、プルーン、人参、レバー、カシューナッツ、ほうれん草、鮭、さば、さんま、かつお、まぐろ、うなぎ、鶏卵なども血を補う作用があります。

さらに、寝不足によって血虚は進むので、夜更かしには注意しましょう。

②:血瘀タイプ=血行を促進する食材が重要

血行を良くする食材として、たまねぎ、よもぎ、菜の花、酢、ニラ、納豆、黒豆、黒キクラゲ、イワシ、鮭、ブルーベリー、黒砂糖などがあります。

カラダを冷やす食材を取り過ぎると、血行が悪くなるので要注意です。血瘀タイプの人は、階段を使ったり、トイレの際はカラダを回したりとこまめにカラダを動かしましょう。

また、シャワーだけで済まさずに、湯船に入る習慣を持つことで、水圧と体温が上がるため、血流が良くなります。瘀血の状態が続くと、カラダの必要なところに栄養が運ばれず、血虚になっていくため、早めの対策がオススメです。

<まとめ>
今回は、日常で行える血を整える方法をお伝えしました。
西洋医学的にも、血中のヘモグロビンは鉄とたんぱく質でできているため、鉄だけではなく肉や魚、豆腐、卵など良質のたんぱく質と量をとることも大切です。また、ビタミンCは鉄の吸収を促進させる働きがあるので、野菜や果物を積極的にとるようにしましょう!
美容も健康もワンセットなので、どちらも手に入れられる習慣を身につけると素敵ですね!

written by  takurou shibao 鍼灸師、AT

リアンスタジオの最近の記事

イメージ

寒くなりましたね。 寒くなると動くのが嫌になり、ますます代謝が悪くなりますね。 スタジオリアン姪浜店では通い放題を始めました。 ヨガとピラティス両方お通い頂けます。オイシイとこどりしましょう♡  
続きを読む

イメージ

私も最近中医学や食養を学びなおしました。リアン姪浜のnaomiです。 東洋医学の考え方って占いみたいで面白いんですよ。 さて、今回もtakurou先生から東洋医学の未病について教えてもらいましょう! let’ ...
続きを読む

イメージ

随分冬らしくなってきましたね 福岡市西区姪浜にありますスタジオリアン姪浜店のnaomiです。 でも、まだ日中は暑くて、朝晩が急激に寒くなるなんてこともありますよね。 こんな時期体調を崩される方が多いのではないでしょうか? ...
続きを読む

イメージ

こんにちは!福岡市西区姪浜にありますスタジオリアン姪浜店naomiです。 今日も、レッスンに来てくださったお客様が 「今から糸島の牡蠣小屋に行くんです!」って嬉しそうに言われたので、 腹筋メニュー追加して実施させていただ ...
続きを読む

イメージ

こんにちは!福岡市西区姪浜にありますスタジオリアン姪浜店naomiです。 今朝も朝の情報番組でサルコペニアの事が合ってましたね。 年齢と共に減っていく筋肉は、筋トレで増やすしかありません。 効率よく増やすためには、適切な ...
続きを読む

体験・見学会に参加してみよう

「私でもできるか心配…」「どんなスタジオなのか見てから入会を考えたい…」「どんなインストラクターが、クラスをするのか 体験してから決めたい…」「続けられるか心配…」「ピラティスかヨガ、どちらが自分にあっているか、それぞれ、試してみたい…」

そんなご要望にお応えするために、スタジオリアンでは体験クラスや見学会を設けています。
ピラティスやヨガ、その他リアンのプログラムが少しでも気になる方は、お気軽にご参加ください。

  • 体験・見学会イメージ01
  • 体験・見学会イメージ02
このページの上へ