ビジョン・フィロソフィー

経営理念
こころと身体、人と人との絆と幸せの創造

お客様の人生の充実や喜びを創造することにより、従業員物心両面の幸せを追求する企業を目指します

ビジョン
世界一のフィットネススタジオ・クラブ運営会社
世界一のフィットネス人材養成輩出機関
ミッション
フィットネス参加率向上に貢献する
イメージ

LIEN経営12か条

  • 1事業の目的・意義を明確にする
  • 2具体的な目標を立てる
  • 3強烈な願望を心に抱く
  • 4誰にも負けない努力をする
  • 5売上を最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える
  • 6値決めを経営
  • 7経営は強い意思で決まる
  • 8燃える闘魂
  • 9勇気をもって事に当たる
  • 10常に創造的な仕事をする
  • 11思いやりの心で誠実に
  • 12常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

LIENフィロソフィー45か条

1「心をベースとして経営する」
従業員がお互いを信じ合える、何でも遠慮なく言えて、お互い理解しあえる、心で結ばれた集団である。
2「公明正大に利益を追求する」
堂々と努力をし、商いをして得る、お客様の求めに応じて得る、正しい利益を追求していく姿勢をもつ。
3「原理原則に従う」
どんな時代でも、かつて遭遇したことのない状況においても、人として正しいものは何なのかということを基準に判断して行動する。
4「大家族主義で経営する」
お互い感謝しあい、思いやるという気持ちになり、信じあえる仲間をつくり、仕事をする。
5「実力主義に徹する」
職務遂行の能力と共に、人間として尊敬され、信頼され、みんなの為に自分の力を発揮する人が、組織の長として働く。
6「パートナーシップを重視する」
一つの目的に向かって行動を共にし、自らの夢を実現していく同士の関係、つまりパートナーシップという関係を基本とする。権力や権威に基づく上下関係でなく、志を同じくした仲間が一つとなった運営を目指す。
7「全員参加で経営する」
全社員、経営への積極的な関与をし、皆が責任感を持ち仕事に臨むこととする。
8「ベクトルを合わせる」
全社員の考え方、進むべき方向を合わせて、会社全体の力を最大発揮する。
9「独創性を重んじる」
何としてもやり遂げなければならないという強い使命感を持ち、創意工夫を重ね、仕事を創造していく。
10「高い目標を持つ」
明るく大きな夢や目標を描いてこそ、想像もつかない偉大な事が成し遂げられる。高く、大きな目標を設定する習慣をつける。
11「きれいな心で願望を描く」
私利私欲に端を発したものではなく、純粋な願望を持って、努力を続ける。
12「素直な心をもつ」
自分自身のいたらなさを認める謙虚さをもち、人の意見をよく聞き、常に反省し、自分自身を見つめる姿勢を持つ。素直な心は進歩の親。
13「常に謙虚であらなければならない」
常にみんながいるから自分が存在できるという認識のもとに、謙虚な姿勢を持ち続ける。
14「感謝の気持ちをもつ」
常に周囲への感謝の気持ちをもち、お互いに信じあえる仲間となって仕事を進める。
15「常に明るく」
どんな逆境にあっても、どんなに辛くても、常に明るい気持ちで理想を掲げ、希望を持ちながら一生懸命努力する。
16「仲間のために尽くす」
人の行いの中でも最も美しく尊いものは、人の為に何かをしてあげること、
仲間の為に尽くすという同士の繋がりをもち、素晴らしい集団である。
17「信頼関係を築く」
日頃から、お互いを知り合い、絆を深め、全員が心をひらき、結びつきを強め、社員同士、心の通じあえる組織である。
18「真面目に一生懸命仕事に打ち込む」
勤勉で、仕事に対する態度が常に誠実に一生懸命仕事に努める。
19「地味な努力を積み重ねる」
偉大な事は、最初からできるものではなく、地味な努力の一歩一歩の積み重ねがあってはじめてできる。
日々の地味な努力を怠らない。
20「自ら燃える」
自ら燃える情熱を持つ。その為には、自分のしている事を好きになる事と同時に、明確な目標を持つ。
21「仕事を好きになる」
どんな仕事であっても、それに全力で打ち込んでやり遂げれば、大きな達成と自信が生まれ、また次の目標が生まれ、次への挑戦する意欲が生まれる。
その繰り返しで仕事を好きになる。
22「渦の中心になれ」
自分が渦の中心になり、積極的に周囲を巻き込んで仕事をする。
23「率先垂範する」
部下や周りの人部との協力を得るためには、率先垂範でなければならない。
なぜならば、行動が伴わなければ人の心をとらえることができないからである。
24「自らを追い込む」
困難な状況に遭遇しても、そこから逃げない。
25「土俵の真ん中で相撲をとる」
前倒しを意識し、真ん中で一歩もひかないという意識で仕事をする。
26「本音でぶつかる」
お互い気づいた点や問題点を遠慮なく指摘しあい、本当の信頼関係をつくる。。
27「私心のない判断を行う」
日常の仕事にあたって、自分さえよければという利己心を抑え、人間として正しいか、私心をさしはさんでいないかと、常に自問自答しながら判断する。
28「バランスのとれた人間性を備える」
倫理的に追求して解明しえちく合理的な姿勢と、円滑な人間性を兼ね備えたひとを、バランスのとれた人間性という。そしてそこを目指す。
29「常に創造的な仕事をする」
与えられた仕事を生涯の仕事として一生懸命行い、且つ常にこれでいいのかと毎日考え、反省、改善、改良していく。
30「利他の心を判断基準とする」
自分だけが良いという利己の心ではなく、自分を犠牲にしても他の人を助けようとする利他の心で判断する。また周りの人のことを考え、思いやりに満ちた「利他の心」を持って判断する。
31「フェアプレイ精神を貫く」
フェアプレイ精神にのっとり、正々堂々とビジネスをやる。
32「公私のけじめを大切にする」
仕事をしていくうえで、公私のけじめははっきりする。
33「強い持続した願望を持つ」
「こうありたい」という強い思いを、持続して持つ。
34「無限の可能性を追求する」
仕事において新しい事を成し遂げられる人は、自分の可能性信じることのできる人。
人間の能力は、努力し続ける事で、無限に拡がる。
勇気をもって挑戦するという姿勢を常に持つ。
35「チャレンジ精神をもつ」
高い目標を設定し、現状を否定しながら常に新しいものを創り出す。
36「もうダメだというときが、仕事のはじまり」
ものごとを成し遂げていくもとは、才能や能力というより、その人の持っている熱意・情熱・執念が大切。
最後まであきらめない粘り強さを持つ。
37「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」
こうありたいという夢を希望を持って、超楽観的に目標を設定し、悲観的に構想を見直し、起こりうるす  べての問題を想定し対応策を慎重に考え尽くす。
そして、実行段階においては必ずできるという自信を持って堂々と進める。
38「闘争心を持つ」
仕事は真剣勝負の世界。その勝負には常に勝つという姿勢が必要。
どんなにつらく、苦しくとも絶対に負けない、必ずやり遂げるという激しい闘志を燃やす。
39「有言実行」
リアンでは、有言実行を大切にする。ミーティングなどの機会で、自分の考えを進んで明らかにし、その言葉で自らを励まし、実行のエネルギーとして目標の達成を確実にする。
40「成功するまであきらめない」
成功するか否かは、その人の熱意と執念の差。
目標達成に向かって粘って最後まで諦めずやり抜く。
41「人生・仕事の結果 考え方×熱意×能力」
3つの要素の掛け算で結果は決まる。
且つ、能力や熱意と共に、人間として正しい考え方を持つことが何よりも大切。
42「心に描いた通りになる」
物事の結果は、心に何を描くかによって決まる。
常に夢を持ち、明るく、きれいなものを心に描く。
43「夢を描く」
自分の人生や仕事に対して、自分はこうありたい、こうなりたいという大きな夢や高い目標を持つ。
44「能力を未来進行形でとらえる」
新たな目標を立てる時は、あえて自分の能力以上のものを設定する。
45「目標を周知徹底する」
全員が目標を共有化する。

LIENのロゴマークに込められた想い

イメージ
このページの上へ