リアンアカデミー: 福岡でピラティス・ヨガインストラクター資格取得

  • 電話番号
  • 体験・説明会に参加してみる
  • 資料請求
  • 総合受付電話
  • 体験申込
リアンアカデミーFBページヘ リアンアカデミーインスタグラムページヘ
MENU

S・Oさん(ピラティス)

Q1. ピラティスとの出会いやきっかけを教えて下さい。

理学療法士として、病院勤務をしているとき、私はもともとランニングが好きでスポーツの分野に興味がありました。
理学療法士なのに、腰を痛めたりしていたので、プロとして失格だと思い、自分自身の体にとても興味を持つようになりました。
その時に理学療法士向けのヨガやピラティスを取り入れた勉強会があったので、そこに参加してこんなにも脊柱が動くのだという驚きと気持ちよさに魅力を感じました。
講師の先生が理学療法士であったため、かなり解剖学に詳しい内容になっていたので、そこもよかったと思います。それから、ピラティスの勉強をしようと思いました

Q2. 様々なメソッドがある中で、なぜリアンアカデミーの
STOTT PILATES®を選びましたか?
また、なぜ養成コースを受講されましたか?

知人の紹介でリアンを知ったのですが体験レッスンの時のインストラクターがしっかりとした専門知識を持っていたのでここまで、勉強できるのなら、ここで勉強したいと思いました。
解剖学の用語もきちんと勉強されており、練習できる場所も提供していただいて、勉強しやすい環境だったからです。

Q3. 養成で学んだことを今(今後)どのように活かしていますか?

現在自分のstudioを持ち1年経過しました。
お客様も60人程いらっしゃり、お陰さまでキャンセル待ち状態です。
週に1度理学療法士として、リハビリ業務も実施しています。

Q4.今後の展望などあれば教えて下さい。

いまは日頃のリハビリや職員にピラティスを実践する程度ですが、今後はグループレッスンなどを地域やスポーツ選手に向けて積極的に行っていきたいです。

Q5. 通うことを考えている方にアドバイスをお願いします。

ストットピラティスは、解剖学を基本としているので、解剖学を勉強してきた理学療法士のみなさんにとっては、かなり勉強しやすいと思います。
傷害コースやリハビリのコースもあるため、明日のリハビリからすぐに、患者さんにも提供しやすいです。
また、痛みを出さないようにエクササイズをすすめていくので、患者さんには好まれると思います。
理学療法士の数も多くなってきている中、他の人と差をつけるためにもいかがでしょうか。

ぜひ、アカデミー体験・説明会へ

当校では、ご入学頂く前に、事前の説明会や体験会へのご参加をお奨めしています。
各養成コースについてのカリキュラムや講師について、まだ実際のインストラクターの活動についてなどを、
お聞きになられてご安心ご納得頂くことが、望ましいと考えているからです。
毎月、体験会や説明会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。

ヨガイメージ01
このページの上へ
資料ダウンロード