経営理念・経営方針・トップメッセージ

経営理念

こころと身体 、人と人の絆と幸せの創造
~お客様に感動を与えるサービスの提供により、
お客様とスタッフの人生の充実や喜びを創造する企業を目指します~

経営方針

お客様に「ありがとう」と言われるサービスの提供
スタジオ事業においては、接客やレッスン、人材育成事業においてはカリキュラムや卒業後のサポートなど、当社の提供するサービスにおいてお客様に感謝して頂ける仕事を追求します。
洗練されたオンリーワンサービス
お客様に常に、ご満足頂ける本物の商品の提供を使命とします。且つ斬新的に商品力が向上するよう、先進のサービスや研究にも励みます。
地域に愛される企業
正直に誠意を持って仕事を行い、地域の方に愛される企業でありたいと思います
スタッフが「やりがい」と「誇り」をもてる企業
スタッフが個人と会社の為に、持てる才能を伸ばし・活かし活躍することで、やりがいと、誇りを持てる会社でありたいと思います。そして個々が幸せな生涯設計を描ける企業を目指します。

トップメッセージ

私は、以前、サンフランシスコのクラブ視察に行った際、65歳の方が、パーソナルトレーナーとして採用されている姿を見て、大変感銘を受けた事があります。

私は、フィットネスサービスの産業が日本の社会において確立し、多くの顧客が集い、そして、多くの人材が携われるような社会性に富んだ産業に成長してほしいと願っています。その為に私が(小資本の起業家)できることは、多様な地域で成功する事業モデルをつくり、お客様に評価され、愛されるサービスの探究と、それに応える人材の教育を遂行することだと考え、それが、当社の存在意義でありミッションであると考えています。
近年の日本におけるフィットネス市場は横ばい。日本のフィットネス人口参加率は3.2%。一方、アメリカは、16.2%。韓国でも8.3%と諸外国と比較してもまだまだ低い参加率が続いています。一見、フィットネス参加市場は、飽和しているようにも見えますが、市場ニーズの多様化に応じた、専門性の高い特化型施設は、潜在市場を掘り起し、成長の余地は充分にあると考えています。

思えば叶う。フィットネスサービスを享受して、私の一生は幸せだった思う人がひとりでも増えて欲しいと願い、その実現に、邁進することを、設立の誓いとします。

代表取締役 山岡誠司

pagetop